2008年03月03日

エレファント・マン

結成〜デビュー以前

バンド名の由来は未だ不明だが「エレファント・マン」と「かしまし娘」を合わせるといった、言葉遊びの類だと言われている。1981年に宮本、石森、冨永を含む中学のクラスメートで結成された(そのほかにギターと女子のオルガンがいたという)。主にディープ・パープル、レインボー、RCサクセションのコピーを演奏。翌年EastWestの地区予選に参加し、初ステージを踏む。新宿JAMなどでライヴ活動を展開していた。1986年、冨永の高校時代の同級生だった高緑が加入し、現在のメンバーとなる。同年12月、CBS SONY SDオーディションに入賞。デビューのきっかけをつかみ、双啓舎と契約。

デビュー前に行われたイベントでは、観客が拍手をしたり声援を送ったりすると、「うるせぇ!」などとボーカルの宮本浩次が観客に毒づく場面があり、来場していた観客も戸惑いを隠せなかった。イベントで共演したバンドからTシャツにサインを求められた際、ロゴマークを塗りつぶした挙句、「バカ」とサインした上、ライターで火をつけて投げ返すなど、ステージの内外に関わらず傍若無人の振る舞いでデビュー後も異彩を放つことになる。

ウィキペデアより
posted by kenzi at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/88125814

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。